ダイエットには内臓脂肪のつかない食事をする

内臓脂肪や皮下脂肪を効果的に解消するためにはいくつかの方法があります。

リンパの流れを改善して脂肪代謝を促すこと。

適度な運動をして脂肪の燃焼をおこなうこと。

脂肪を貯め込まない食事に切り替えることです。

脂肪を貯め込まない食事と言うと、ダイエットをするときに摂りやすい偏った食事を想像してしまいます。

単品ダイエットのように、リンゴを三食続けるとか、茹で卵を三食続けるとか・・・

でも単品では体に必要な栄養を補うことができないので、再び普通の食事に戻した時に吸収効率が上がってリバウンドをしやすくなります。

単品ダイエットをしていると体は飢餓状態になっていますからね。

それに単品ダイエットを続けると筋肉が落ちてしまって代謝が悪くなっていますから、食事を普通にするだけで脂肪として貯め近見やすくなっているのです。

偏った食事は単品ダイエットとは逆に、特定の栄養素を食べないものもあります。

脂肪分を極力減らすダイエットなどは、いかにもダイエット効果が高かそうに感じます。

脂肪分を普段からたくさんとり過ぎているなら脂肪を減らすことになるのでしょうけど、脂肪分を抜いてしまうことで脂肪代謝が遅くなって痩せにくくなるようですし、ホルモンの産生にも影響を与えてしまうようなんです。

ダイエット効果が高壮でも間違った食事をしていると、痩せにくくなりますし、リバウンドしやすくなってしまいます。

ダイエットだけじゃなくて、健康を損なうこともあるから、バランスのとれた食事をとることが何より大切になるんですね。

内装脂肪を追い出すには

内臓脂肪は知らないうちに増殖して健康を害することがありますから、病原菌に似ているようです。

だから病原菌を予防する対処法が内臓脂肪の対処法になってくるそうです。

脂肪を持ちこまない、脂肪を増やさない、脂肪を排出させるのがその対処法になるのですね。

脂肪分を持ちこまないために、お肉から脂肪分を落とすと、旨みが抜けてしまうので味が悪くなります。

いくらダイエットのt目だからと言っても、脂肪を向いて旨みのない肉料理を我慢するのはかなり辛いですよね。

だから完璧に脂肪を持ちこまないと考えるのではなくて、できる範囲で対策をするほうがいいです。

やっぱりつらいだけのダイエットは続きませんから。

それに脂肪分は脂肪代謝を促す効果もありますし、ホルモンや細胞の原料にもなるので、体にとってもいいことだけではないのですからね。

普段の食事で脂肪分、特にコレステロールが多い食事を続けていて、内臓脂肪が目立ってウエストにくびれがないようなら、コレステロールが増えやすくなっているので、脂肪分をなるべく控える食事にシフトしていったほうがいいのです。

・お肉の脂身はとらない
・食物繊維の摂取を心がける
・甘いものを控える
・油で揚げたお菓子は控える
・アルコールをとり過ぎない
・食事の後でお茶を飲む

食物繊維とお茶は、体にコレステロールを持ちこまないように腸からの吸収を促して、体からコレステロールなどを排出させてくれます。

食物繊維とお茶は内臓脂肪解消のポイントになるのですね。

脂肪を増やさないために

普通に食事をしていると、脂肪は体のなかには行ってきますが、ある程度は脂肪を持ちこまないように制限することはできます。

でもコレステロールや中性脂肪はからだの中で合成して増えていきますから、脂肪分を制限するだけではダメなんですね。

コレステロールは肝臓が合成しますから、その合成させないようにしなければいけません。

肝臓は夜間にコレステロールを作りますから、夜の食事の量を控えるのが理想的です。

ダイエットをすると、朝は王様のように食べて、夜は奴隷のように食べると言う言葉を聞いたことがあるでしょう。

一日の食事のバランスのことですね。

ただ一人暮らしでもないとなかなかこんな食生活をするのは難しいです。

・夜8時までに食事をとる(寝る3時間までに夕食を食べる)
・夜は甘いものを食べない
・食後散歩を行う
・よく噛んで食べる
・食物繊維を多めにとる
・夜23時には寝る(寝る3時間までに夕食を食べる)

夜間に肝臓のコレステロールを作らないように原料を減らして、なるべく早く寝ることで脂肪の代謝を促します。

脂肪代謝を促すのは成長ホルモンですから、成長ホルモンの分泌が多くなる睡眠を大切にする必要があるんですね。

22:00から2:00までが成長ホルモンが多いようですから、その時間には寝ているような生活をするのが効果的なんですね。

脂肪排出を考えると

貯まった脂肪をとるために運動をすることが大事ですね。

それ以外にコレステロールを排泄するためには、胆汁酸を多く出す食事をすることも効果的なんだそうです。

コレステロールは細胞膜の原料になったり、ホルモンの原料になったりしますが、胆汁酸の原料にもなります。

胆汁酸の分泌を多くするには便秘を解消するのが効果的。

胆汁酸は脂肪を乳化させて小腸からの吸収を助けますから、便通がよくなると胆汁の分泌を増やさないと吸収できないのですね。

食物繊維は脂肪の吸収をしにくくさせます。

食物繊維が脂肪をからめとってそのまま対外に排出させます。

それに胆汁酸が増えるのでコレステロールを原料にしなくてはいけないので、体内のコレステロールが減少していきます。

食物繊維をとるには、海藻を良く食べたり、精精度の低い穀物を食べたり、野菜は湯がいて食べたりするのがいいのです。

海藻のカロリーは低いですし、コレステロールを排出してくれるのですから、積極的に食べたいものですね。

野菜もたくさん食べるためには生野菜よりも湯がいてかさを減らした方がいいのです。

ただ茹で過ぎはビタミンを破壊してしまうので、茹で過ぎには注意ですね。

http://xn--t8j4aa5fseqj2aa7msc9a1bx.pw/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です